ニルス-ウド展
ー 自然のなかで、自然とともに ー

或る風景の中で、私は、そこに在る自然の素材だけを使って或る自然の状況をきり拓き、築き上げる。
自然の秩序の体験、成り行きと関係、その独特の時空間の広がり。私の作品に登場するものを演出するのは、有限性と無限性の象徴を、選り抜いた風景とそこから取り出した素材を、見つけ出そうとする意図である。
自然と宇宙(コスモス)に私たちがどうかかわりどう依存しているかを、時間空間の中の私たちの在り方を示すもの。
1983 ニルス-ウド(松岡和子 訳)

2013年9月24日(火)− 10月13日(日)

12:00〜19:00(土曜、日曜〜18:00) 月曜休廊


「岩」

1994 47x60cm IC 石で錘をつけたマリーゴールドの花網/インド、ニュー・デリー


「門」

1980 77×77 cm ED1/5 トネリコ、ハシバミ、柳、ブナの枝/オーバーバイエルン地方、キームガウ


「二季、冬 二月十日 - しゃくなげの葉、松葉」

1987 77×77cm ED3/8 Fujifiex しゃくなげの葉、松葉/フランス、リムーザン地方、ヴァシヴィエール湖

2013年 展覧会一覧(Exhibition 2013)»