桑原 盛行 展 KUWABARA Moriyuki
 ー 萌芽の構造 ドローイングー
KANEKO ART TOKYO
2009年7月17日(金)−8月1日(土)
12:00〜19:00(最終日〜18:00) 日曜・祝日休廊
4月の初め、久しぶりに池田20世紀美術館を訪ね、桑原盛行展を拝見致しました。当画廊で2008年1月に発表した円奏2008春に続く夏と秋の2作品のさらなる展開にも大いに満足致しました。
この展覧会の準備段階で作家のアトリエから数多くのドローイング類の所在が再確認され、それらの一部も展示されました。その後もまた萌芽の構造などのドローイングが数多く確認されました。
当画廊ではこれらの萌芽の構造シリーズから作家とともにセレクトして夏休み前の展覧会を構成しました。皆様にぜひ御覧いただけますようご案内申し上げます。               金子 多朔
「 萌芽の構造ドローイング」 1997-1998
 アクリル絵の具・オイルパステル・紙  76×57cm